要注意!言われただけで2kgも太る「悪魔の言葉」があった

Text by

  • 0
123RF

123RF

10日放送のTBS『林先生が驚く 初耳学!』では、肥満に関するカナダの研究を紹介。言われただけで2kgも太ってしまうという「悪魔の言葉」とは?

他人からの「太ったね」は悪魔の言葉だった!

カナダ・ウォータールー大学が昨年発表した肥満に関する研究によると、人から「太ったね」と言われると、体内に”ある物質”が分泌され「2kg太る」という衝撃の事実が判明。

研究チームが、18~21歳の女性100人を対象に8ヶ月間調査を行ったところ、調査期間中に、ネガティブな「太ったね」「やせたら?」という言葉を言われ続けた女性は、体重が2kg増量。

一方、「このままでいいよ」「いい感じだね」などのポジティブな言葉を言われ続けた女性は、現状維持もしくは体重が減少したという。

ストレスが肥満につながる物質を分泌させていた!

諏訪東京理科大学・篠原菊紀教授は、「自分が受け入れられていないメッセージが強いと、かえって太る」と解説。

篠原教授によると、人間は自分を受け入れてもらっていない言葉をかけられるとストレスを感じ、脳からコルチゾールを分泌しやすくなり、太りやすい体質へと変化するという。

コルチゾールは、ストレスに対抗する物質で、ストレスを感じると体の危機に備え脂肪を蓄えようと大量に分泌される。そのため、甘い物や脂っこい物を食べたくなり、肥満につながるのだとか。

周囲にダイエット中の人がいる場合は、ネガティブな発言はNG。「そうでもないな」と思っても、「やせたね」「キレイになったね」と、ポジティブな言葉をかけて協力してあげてほしい。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking