CMで大人気!天才子役・寺田心くんの”大人顔負けの気遣い”がスゴイ

Text by

  • 0
YouTube/totoadjp1010

YouTube/totoadjp1010

2日放送のフジテレビ『ペケポンプラス』に、人気急上昇中の天才子役・寺田心くんが登場。大人顔負けの気遣い発言で、出演者たちをメロメロにした。

かわいい声が印象的だったトイレのCM

TOTOネオレストのCMで「ひどいトイレだ…」と呟く、菌の親子”リトルベン”を演じた心くん。その姿が「かわいすぎる」と話題を呼び、CM動画は再生回数100万回を超えるという。ちなみにビックベンを演じたのは文学座所属の舞台俳優・横田栄司さん。

心くんが仕事の時に気を付けていることとは?

また、心くんの6歳とは思えない”大人びた言動” も人気のひとつ。そんな心くんが、「仕事の時に気を付けている4つのポイント」を発表した。

その1. 収録前に出演者の顔と名前をチェックする

事前にタブレットを使って出演者を検索。顔と名前を覚え、時間がある時は出演番組を観ておくという、まさに”ベテランMC”のような準備ぶり。

しかし、女性のハリセンボン、柳原可奈子、ファンだというお笑いコンビ・ピスタチオは覚えていたようだが、他のおじさん達は見分けがつかないのか、心くんは、小島よしおを「よしまこしおさん」、タカトシ・タカを「上田さん?」と間違え、MC上田晋也は「てことは、俺のことも分かってない?」と、ショックを隠し切れない。

その2. 収録現場には、必ずぬいぐるみを持って行く

心くんの相棒は、クマのぬいぐるみ”コロちゃん”。「上手に演技できない時になぐさめてくれる。コロちゃんがいると一瞬で寝れる」のだとか。

その3. 泣く演技の時は、ママがいなくなったことを思い出す

上田の「他の人の事は思い出さない?」という質問に、心くんは「うん、まあ、誰でもいいんですけど…」というまさかの発言。

ママの好きな所を聞かれ「いっぱい遊んでくれて、ママキレイ。でも、ハリセンボンさん、柳原さんもキレイだし」という気遣い発言に、千原せいじは「お前、そんなもんキレイな訳ない!」と、泣きながら抗議。近藤春菜は「心くんの本音です!」と反論した。

「でも、本当はブスだと思ってるんだよね?」と確認する上田に、心くんは「そんなことない」と否定。大人以上に気遣いのできる心くんに、春菜はすっかり心を奪われた様子だった。

その4. 番組スタッフは、知らない人にも挨拶する

「寺田心です!6歳です、よろしくお願いします」と、元気よく挨拶するという心くんに、春菜は「カワイイ!今度、ボトルいれるね!」とメロメロ。

大人顔負けの気遣い発言連発!

有田哲平から「悩みは?」と聞かれた心くんは、「皆さんみたいに演技がじょうずにできないし…」と回答。せいじは、「謙虚さとかいらん!小1に謙虚さとか持たせるな!誰や!」と、健気な心くんに涙。

将来の夢は、「シェフ、料理屋さん」で、俳優にもなりたいが「ママに美味しい料理を作ってあげたい」と、心くん。さらに、「ハリセンボンさん、ピスタチオさん、柳原さん、トシさん、タカさんとかにも作ってあげたい」と、気遣い発言をしたが、有田は「何人かハブかれてる!」と指摘。

残念ながらハブかれてしまった有田と”よしまこしお”は苦笑い。せいじは号泣。心くんは、すかさず「全員の人ですよ!」と、しっかりフォローした。

お化け屋敷で号泣!子どもらしい一面も

心くんは、2日放送の同局『バイキング』にも出演し、坂上忍とスカイツリー周辺を調査。

ところが、浅草・花やしきのお化け屋敷に入った直後、お化けが登場する間もなく「こわいよ~」と大号泣し、坂上に抱きかかえられて外へ出るというハプニングが発生。

心くんは、坂上にしがみつき大泣きしながらも「ごめんなさい。調査、お化け屋敷はちょっと無理ですぅ」と、きちんと締めるというプロ根性を見せ、涙を拭いてやりながら「あれ、お前、涙出てるか?」と言うイジワルな坂上には、「出てますよぉ~」と、泣きながら抗議した。

大人顔負けの気遣いが出来る心くんも、お化け屋敷はまだまだコワイようだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking