結婚式の定番「ブーケトス」に異変!女子が取りに行かない理由とは?

Text by

  • 3
123RF

123RF

結婚式の定番イベント「ブーケトス」に、近年異変が起きているという。15日放送のフジテレビ『とくダネ!』では、最近の「ブーケトス」事情について調査した。

結婚式を盛り上げるイベントに異変が!

花嫁が投げたブーケを受け取った女性は次に結婚できると言われ、結婚式を盛り上げる定番イベントになっている「ブーケトス」。

未婚女性がたった1個のブーケを奪い合い、時にはケガをしたり転倒したりで大盛り上がり。YouTubeなどにも、ブーケトスにまつわる珍プレー動画が世界中から投稿され、笑いを誘っている。

ブーケに興味ない?誰も取りに行かない惨事が

ところが、最近の日本のブーケトスに異変が。花嫁がブーケを構えても、遠巻きに見ているだけで前に行かない若い女性たちが多いというのだ。

司会者から「前の方に」と、声をかけられても、積極的に出て来る女性は少なく、ひどい時には投げられたブーケを誰も受け取ろうとせず地面に落下…という惨事も起こるそう。

控えめ過ぎる出席者の傾向に、現在、結婚式を挙げるカップルの5組中3組が「ブーケトスは、やらない」のだとか。

花嫁ショック!式場スタッフも困惑

以前、筆者が、結婚式の介添人女性に話を聞いた際にも、「ブーケが投げられても目で追っているだけで取りに行かない人が多い。地面に落下することもあって、本当に気まずい」と言っていた。

その時は、「新婦が嫌われていたのでは?」と、思ったのだが、どうやらそんな理由ではないようだ。

その理由は?20~30代女性にインタビュー

番組のインタビューでは、「若い子に任せようかな?と思った」「恥ずかしいと思って、前に出られなかった」「ガツガツしていると思われたくない」「全員に見られているという必死さがイヤ」「バーゲンみたいにガツガツ行くのはイヤ」「男性に取りに行くところを見られたくない」など、人目を気にして「恥ずかしい」という理由がほとんど。

また、「昔は取りに行っていたが、今はもう若くないので取っても笑えない。差し迫っているから」「26歳ぐらいからが変わり目になる、焦るだけに」と、結婚適齢期といわれる年齢に突入した20代後半女性たちの「笑えない」という現実的な意見も。

新郎がブーケの代わりに投げるのは?

そんな女性たちのために、考案されたのが「ブロッコリートス」というもの。

ブーケに見立てたブロッコリーを新郎が独身男性たちに投げ、受け取った男性はかじる。さらに、ラグビーっぽくパスし合って場を盛り上げることで、ブーケトスに女性が参加しやすい雰囲気を作る役割と、子孫繁栄を願う意味があるそうだ。

また、花嫁が小さい3つのブーケを同時に投げ、3人の女性に「幸せのおすそ分け」をするというブーケトスも登場。

ブーケに興味がないのではなく「恥ずかしい」「人目が気になる」という思いから、なかなか積極的に前に出られない今時の若い女性たちにとって、幸せとともに”恥ずかしさ”も3等分という、なかなか上手い方法だと思う。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking