シワを伸ばしてもムダだった!自販機に入らない千円札の理由を検証

Text by

  • 8
123RF

123RF

28日放送のTBS『この差って何ですか?』で、”自動販売機にすんなり入る千円札”と”何度入れても戻ってくる千円札”の差について検証した。

お札が自販機に入らない時、どうする?

自販機に挿入した千円札が無情にも戻ってきてしまい、何度やっても受け入れてもらえない…そんな切なくもイラッとする経験は誰でも1度くらいはあるはず。

番組で街行く人に「千円札が戻ってきた時、どうしますか?」と、インタビューしたところ、
シワを伸ばしてみる 51人
折り目をつけてみる 12人
向きをかえたり、裏返してみる 8人 という、声が寄せられた。

番組スタッフが1000枚の千円札で検証!

スタッフが100万円分、1000枚の千円札すべてを3時間半かけて自販機に入れてみたところ、計7枚の「入らない千円札」が手元に残った。(意外と少ない?)

この「入らない千円札」7枚を、向きをかえ、裏返し、折り目をつけて自販機に挿入したが、全く効果が無いことが判明。

「シワを伸ばす」で試したところ、1枚だけ成功したものの後は全て失敗に終わった。

開発者を直撃!戻ってくる千円札の理由とは?

貨幣識別装置を開発する・日本コンラックス社の柳沼さんは、お札が戻る理由について「流通するにしたがって人の手の脂や汚れがお札につき、紙幣識別装置のセンサーが反応しなくなるからです」と語った。

識別センサーは、お札の色、模様、透かし、長さ、磁気の5項目で判定するため、手の脂が多く付着すると、色、模様、透かしが認識できなくなるという。お釣りなどで他の紙幣より多く使用される千円札は、その分、人の手の脂が蓄積しやすいのだとか。

対策は万全!シワを伸ばすのはムダな抵抗だった

ちなみに、多くの人がやっているシワを伸ばす行為について柳沼さんは「関係ありません」と、キッパリ。

「私共が調査したデータによると、9割のお札にシワや折り目があることが分かりました。そのため、かなりのシワや折り目に対応できるようセンサーを開発しております」ということで、どうやら”ムダな抵抗”に過ぎないようだ。

戻って来た千円札について、柳沼さんは「全てでありませんが、乾いた布などでお札を拭いて、脂や汚れを落としてあげる」とアドバイス。

実際にスタッフが、乾いた布で「入らない千円札」を拭いたところ、7枚中3枚が自販機に入った。

水に濡れることで、お札のサイズは変わる!

入らなかった他の4枚について、柳沼さんは「可能性として、お札のサイズが極端に変わっていることが考えられる」と、指摘。

通常、お札の規定サイズは、縦76ミリ、横150ミリなのだが、自販機に入らなかったお札を測ってみると、縦148ミリと長さに差があることが判明した。

柳沼さんによると、「お札は紙で出来ているため収縮性がある。ポケットに入れたまま洗濯機で洗ったりしてしまうと、伸びたり縮んだりすることがある」そうだ。

検証の結果、”自動販売機にすんなり入る千円札”と”何度入れても戻ってくる千円札”の差は、「手の脂で汚れていた」、「濡れてサイズが変わっていた」ことだと分かった。

その他、紙自体が劣化・摩耗していることもあるそうなので、どうしても戻ってくる場合は自販機はあきらめ、お店で使った方が良さそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking