2016年、六本木に「スヌーピーミュージアム」が開館!ファンの聖地・シュルツ美術館の世界初のサテライト

Text by

  • 0
sn

東京・六本木に「スヌーピーミュージアム」が、2016年3月~2018年9月(予定)までの期間限定で開館されることが発表された。

ファン必見!世界初の分館が日本に誕生

東京都港区六本木5丁目にオープンする「スヌーピーミュージアム」は、スヌーピーファンの聖地「シュルツ美術館」の世界初のサテライト(分館)。

館内には、スヌーピーや仲間たちが活躍するコミック「ピーナッツ」の原画をはじめ、作者チャールズ・M・シュルツ氏の初期の作品など、貴重なヴィンテージグッズや資料が展示されるという。

また、クリスマス、ハロウィンなど、季節ごとのイベントも開催され、展示物は半年ごとに入れ替わるそうなので、ファンは何度でも楽しめそうだ。

館内のミュージアムショップでは、限定品やオリジナルグッズを販売。カフェでは、ピーナッツにちなんだスペシャルメニューが用意されるという。

原作者の奥さまもオープンに期待!

今回の開館を受け、シュルツ氏夫人のジーンさんは「スヌーピーミュージアムが日本に誕生することはこの上ない喜び」とし、2013年に森アーツセンターギャラリーで行われた『スヌーピー展』の成功が今回のプロジェクトのきっかけとなったことを明かした。

さらに、ジーンさんは「日本の方々にスヌーピーが活躍する『ピーナッツ』そのものにもっと親しんで頂けたらと思います」と、世界初のサテライトに期待を寄せている。

尚、入場券の販売方法や展示内容の詳細は、今年12月に発表される予定だ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking