要注意「舌みがき」をやり過ぎるとかえって口臭がきつくなることが判明!

Text by

  • 0
shutterstock

shutterstock

18日放送のテレビ朝日『中居正広のミになる図書館』に、Every Little Thingが登場。持田香織が普段やっているという”こだわり”の「知らなきゃよかった」事実が判明した。

持田のこだわりは「過激な舌みがき」

「歯磨きをする際、オエッとなるくらい舌を磨く」というこだわりを持つELT持田。

「歌う時にスッキリしたい」と、リフレッシュ効果を狙ってやり始めたそうだが、内科医・大竹真一郎先生は「オエッとなるくらい舌を磨くと、口臭がきつくなる可能性がある」と、キッパリ。

舌みがきをやり過ぎると、口臭の原因に!

大竹先生は「舌についているのは、舌苔(ぜったい)といって、食べ物のカスや細菌などの汚れが溜まっている状態ではある」と、指摘。

しかし、「ある程度、やさしく取ってあげるのはよいが、オエッとなるまでやったり、かなり強く舌を磨くと、唾液の分泌が落ちてしまって口臭の原因になると考えられる」という。

さらに、「舌を磨き過ぎると、味を感じる細胞(味蕾)を傷つけてしまい、食べ物の味がわかりにくい味覚障害も引き起こしやすくなるのではないか」と、語った。

正しい舌の手入れ方法は?

大竹先生は「お手入れするのであれば、専用のブラシなどを使ってやさしく。舌を上あごにこすりつけるだけでも効果がある。ブラシで強くこするよりはその方がよいと思う」と、アドバイス。

また、口臭予防については「水分をしっかりとることで唾液の分泌が促され、口臭予防につながる。唾液の分泌を活発にすると、口の中の殺菌作用が高まり口臭の予防になる」と、語った。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking