食後にお腹が鳴る人、要注意!人よりオナラが多く出ている疑いが

Text by

  • 1
123RF

123RF

11/3放送のテレビ朝日『中居正広のミになる図書館』の「知らなきゃよかった」企画で、オナラが出やすい人の意外な事実が明らかとなった。

 ヤバ過ぎるキャラが話題のモデル登場!

ゲストとして初出演した日本とウクライナのハーフモデル・滝沢カレンは、東京生まれ東京育ちなのにカタコトに近い日本語力で「食後にお腹がピーピー鳴る」ことを告白。

これについて、内科医・細田俊樹先生は「食後にお腹がピーピー鳴る人は、普通の人よりオナラがたくさん出ちゃっているかもしれない」と、滝沢も赤面の「知らなきゃよかった」事実を指摘した。

 オナラが出やすい人、その理由とは?

その理由について「食べる時、空気も一緒に飲み込んでいるせい。体内にガスが溜まり、腸がムダに動いていることが原因のひとつ」と、細田先生。

さらに、「溜め込み過ぎたガスを体の外に出すため、ゲップやオナラの回数が増える場合がある。早食いすると、空気をたくさん飲み込んでしまう。ガムやタバコを吸う方も、ガスが溜まる場合がある」と、オナラが出やすい人の特徴を語った。

 臭いオナラは、悪玉菌のせいだった!

細田先生によると、オナラの回数は1日平均、約14~23回なのだそう。これについてスタジオメンバーは「多くない?」「こんなに出ない」と、驚きを隠せない様子。

また、「オナラは大きく分けて2種類があり、発酵型と腐敗型がある」と、細田先生。

腸内の悪玉菌が少なく善玉菌が活躍している場合は、発酵型のオナラ。逆に、悪玉菌が多い腸だと、腐敗型のオナラが出るという。腐敗型のオナラは臭いそうで「オナラが臭いなと思ったら、腸内環境を見直すと良い」と、細田先生は語った。

 オナラはガマンしない方が良い?

MC中居正広は「オナラが出るっていうことは、悪いことではない?」と、質問。細田先生は「そうですね。オナラはガマンするより、むしろ出してもらった方が良い」と、アドバイスした。しかし、自宅ならともかく外出先などではなかなかそうもいかない。

滝沢は「座ったままだとオナラが出来ない」と話し、その理由を「穴が下を向いているじゃないですか」と力説し、スタジオ中が大爆笑。

スタジオメンバーから「座ってなくても、下向いてる」「オナラをするからって、上を向けてしない」と、指摘された滝沢は「そう言われるとそうですね」と、赤面していた。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking