創業初!ショウワノートの子供向け「甲冑工作キット」がシブ過ぎる

Text by

  • 7
kosakumain

ジャポニカ学習帳などの文房具でおなじみのショウワノートが、創業68年で初の子供向け甲冑工作キット『着れちゃう!ダンボール』を11/25発売。第1弾として「真田幸村」「伊達政宗」の2種類が登場する。

 “体験する文具”として開発!

『着れちゃう!ダンボール』(2,480円:税抜き)は、歴史教育をサポートする“体験する文具”として、小学校低学年の児童を対象に開発されたもので、11/25より全国の文具店、東映太秦映画村、博品館TOYPARK銀座本店、Amazoで販売されるという。

sub1

main

工作キットといっても、あらかじめ切れ込みの入った段ボールパーツをくり抜き、折り畳んで組み合わせ、プラスチックのジョイントパーツでつなげるという組み立て方法で、のり・ハサミ・着色などは一切不要なのだとか。

また、幸村と政宗それぞれの特徴を再現した兜に加え、胴と小手もついて本体重量615グラムと軽量。実際に着ることも出来るので、イベントなどで重宝しそうだ。(もう少し発売が早ければハロウィンに着られたかも?)

▼近くで見ると段ボール感が…。裏側を塗って、テープでフチどりすると良さそう。

sub3

▼政宗タイプは“独眼竜”も再現!

sub2

 

ちびっ子には、ちょっとシブめの工作キット。着用寸法は身長100~120cmということで、残念ながら大人が着るのは厳しそう。とはいえ、素材が段ボールなのでカスタマイズして楽しむことはできそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking