地域によってこんなに違う!キズに貼る“アレ”何と呼びます?

Text by

  • 0
123RF

123RF

11/29放送のテレビ朝日『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』で「地域で全く違う商品の呼び名」について調査した。

 地域によって呼び名が違う「絆創膏」

ちょっとしたケガには欠かせない「絆創膏」。街行く人に、呼び名を尋ねると「絆創膏」「バンドエイド」「カットバン」などの答えが。

どれも耳慣れた呼び名のように聞こえるが、実はこれだけでは全国で伝わらないという。

 北と南で全く呼び名が違うことが判明!

番組調べによると大きく分けて「絆創膏」には6つの呼び名があり、大ざっぱなエリアごとの呼び名は以下であることが判明。

北海道エリア「サビオ」

東北、中国、四国エリア「カットバン」

関東・関西エリア「バンドエイド」

東海・中部エリア「ばんそうこう」

九州・沖縄エリア「リバテープ」

そして、なぜか富山県では「キズバン」

「絆創膏」以外のバンドエイド、カットバン、キズバン、リバテープ、サビオは全て商品名で、各地域で根付いた商品の名前が「絆創膏」の代名詞になっているようだ。

 「上京すると伝わらない」各地域の呼び名!

ちなみに、熊本県出身のMCくりぃむしちゅーの2人は「リバテープ」と呼んでいたそうだが、「上京した時、全く伝わらなかった」「何言ってんだ?という目で見られた」と、当時を振り返った。

また、四国・香川県出身の女優・高畑淳子は「キズバン」と呼んでいたそうなので、もっと細かく調査すると「キズバン」エリアの拡大が確認されるかもしれない。

やや西寄りの東京出身の筆者は「ばんそこ(あまり伸ばさない)」もしくは「バンドエイド」が馴染み深く、「サビオ」「リバテープ」は初耳。ただ、現在自宅にある絆創膏を確認したら番組には一切登場しなかった「キズテープ」だった…。(100均で購入)

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking