食べ物の“パサパサ・しなしな”をカンタンに復活させる裏ワザが役に立つ

Text by

  • 3
足成

足成

1/24放送のTBS『この差ってなんですか?』で、時間が経った食べ物を復活させる超カンタン裏ワザを紹介した。

 料理のプロが裏ワザを披露!

うっかり袋を閉め忘れた、閉めが甘かった…などから、賞味期限内なのに「食べ物が湿気ってしまった」ことや、逆に「パサパサになってしまった」という残念な経験は、誰でも一度はあるはず。

そんな時、食べ物を超カンタンに復活させる裏ワザを新宿調理師専門学校・大山喬之先生が教えてくれた。

 揚げたてのようなサクサク食感が復活!

 ■しなしなになったエビ天

ちょっと時間が経過しただけで、衣がへたってしまうエビ天。大山先生によると「トースターで復活させることが出来る」という。

但し、単にトースターで加熱するだけでなく、ちょっとしたコツがあるのだとか。

1. エビ天が載る大きさにアルミホイルをカット。
2. アルミホイルを一度くしゃくしゃにしてから広げ、その上にエビ天を載せる。
3. 霧吹きで、エビ天にまんべんなく水をかける。
4. トースターで1分程加熱し、表面が焦げる前に取り出す。

この方法を行うだけで、しなしなだった衣が驚くほどサックサクに!

足成

足成

 サクサク食感が復活したヒミツは?

そのヒミツは、吹きかけた水分が衣にしみ、熱を加えることで蒸発して衣の中に空洞を作ること。その空洞が衣をサックサクの食感にしてくれるのだという。

また、一度くしゃくしゃにしたアルミホイルのくぼみにエビ天から出る余計な油分が溜まるため、油戻りも防げるのだとか。

この裏ワザは、コロッケなど他の揚げ物にも使えるそうなので、お惣菜を買った時などに試してみてはどうだろう。

 あきらめないで!ポテチ、食パンも超カンタンに復活

 ■湿気たポテトチップス

皿にのせ、ラップなしで電子レンジへ。30秒ほど加熱するとパリッとした食感が復活。

ポテトチップスは薄いため、表面を加熱するトースターでは焦げてしまうが、中から加熱する電子レンジだと効率的に水分を飛ばせるのだとか。

足成

足成

 ■パサパサになった食パン

霧吹きで“麦茶”を表裏まんべんなく吹きかけ、トースターで焼くと、外はサクッ、中はフワフワのトーストに。

吹きかけるのは水でもOKなのだが、大山先生によると「パンと同じ原料の“麦茶”を使うことで、味と香りも抜群に復活する」という。

足成

足成

思った以上にカンタンに復活できる、食べ物の“パサパサ”と“しなしな”。いざという時のために、キッチンに霧吹きをひとつ置いておくと何かと便利そうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking