“フチ子”が名古屋パルコをジャック!コップからパルコのフチへ異動?

Text by

  • 1
©タナカカツキ/KITAN CLUB

©タナカカツキ/KITAN CLUB

“コップのフチ子”を制作する奇譚クラブの設立10周年を記念した展覧会『奇譚クラブ 10周年展』が、3/18~名古屋パルコにて開催され、期間中全館をフチ子がジャックする。

 フチ子、渋谷の次は名古屋をジャック!

昨年12月、奇譚クラブ設立10周年を記念した『奇譚クラブ 10周年展』にあわせ、東京・渋谷パルコをジャックし話題となった“コップのフチ子”が、今度は名古屋パルコをジャック。“コップのフチ”を抜け出し、“パルコのフチ”で来場者を出迎える。

名古屋パルコでは2014年12月に開催した「コップのフチ子展」が大ヒット、22,000人以上を動員したという実績があるので、今回のイベントも注目を集めそうだ。

 名古屋パルコ全館が“フチ子”だらけに!

▼『名古屋パルコのフチのパル子とフチ子』
“コップのフチ子”原案者・タナカカツキさんによる描き下ろしで、パル子&フチ子 夢のコラボが実現!

fuchiko01

▼インフォメーションガールがフチ子仕様に!※画像は渋谷パルコ開催時。 parco

渋谷開催時に、メディア・SNSなどで話題沸騰になったフチ子仕様の制服は、国内NO.1のOLユニフォームメーカー「ボンマックス」とのコラボレーション。

単なるコスプレではない、機能性にも特化したスペシャルなコスチュームなのだとか。

▼西館正面入口にてショーウィンドウの“フチ”に腰をかけた巨大パル子さんがお出迎え! parco02

ウィンドウの中のマネキンも春の最新ファッションを身にまとい“名古屋パルコのフチ”に腰をかけているそうだ。

 各店舗の“フチ”にいるフチ子を探せ!

また、3/1~4/3まで全館約340店舗のフチにフチ子が登場。各ショップのブログやディスプレーの“フチ”にいるというフチ子を発見できる楽しみも。

その他、名古屋パルコ限定のオリジナルクリアファイル・オリジナルポスターが当たる抽選会、コップのフチ子原案者・タナカカツキさんのトークショーなど、様々なイベントが開催される。

 ざっと見ても2時間以上!? 見応えアリの展覧会

さらに、3/18~4/3まで西館・8Fパルコギャラリーにて開催される『奇譚クラブ 10周年展』では、「奇譚クラブ10周年のフチ子」の等身大フォトスポットがお出迎え。

ギャラリーには、総勢120台以上のガチャガチャが登場、100種類を超えるという奇譚クラブ作品が集結するというから、ファンは必見だ。

他にも、これまで発売されたガチャガチャ約2,500種、リアルすぎる動物フィギュア「NATURE TECHNI COLOUR」のジオラマも展示されるというから、その数は膨大。

1つの商品を3秒で見ても2時間以上かかってしまうそうなので、時間に余裕を持って足を踏み入れた方が良さそうだ。

 ■奇譚クラブ10周年展 概要
期間:3/18~4/3 10~21時(入場は閉場の30分前まで/最終日は18時閉場)
会場:名古屋パルコ 西館8Fパルコギャラリー
入場料:一般500円/学生400円(小学生以下無料)

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking