生協配達員の実話を元に制作!Web動画『金曜日の約束』が、ほっこりする

Text by

  • 0
yakusokumain

宮城県・仙台市のみやぎ生活協同組合が、配達員への取材をもとに制作したWeb動画『金曜日の約束』を公開。おばあさんと配達員の交流を味わいのあるアニメーションで描き、ホロリとする内容になっている。

 重要なライフライン「個人宅配」がテーマ

みやぎ生活協同組合が公開したWeb動画『金曜日の約束』は、みやぎ生協個人宅配の配達員に取材をし、その中から印象的な実話エピソードを元に制作したというほっこりストーリー。

スーパーや日用品を購入する店舗が家から遠く、気軽に買い物にいけないお年寄りにとって個人配達は重要なライフライン。そのため、配達員たちは日差しの強い真夏も雪の降る真冬も、一所懸命お届けしようと頑張っているのだとか。

 実話を元に描いたアニメーションを公開!

Web動画『金曜日の約束』は、そんな“個人宅配”を題材に、おばあちゃんと孫のような若い配達員との間で交わされる「今日もきてくれて、ありがとう」という何気ない一言の裏にある様々なストーリーや心の交流を情感あふれるアニメーションでほのぼのとつづっている。

『金曜日の約束』ストーリーをざっくり紹介!

仙台市から車で約1時間。みやぎ生協のトラックが新緑の山道を走っていく。 2

時刻は間もなく夕方の4時。週に1度の金曜日、生協の宅配を待つおばあさんは、いつも決まった時間にやってくる配達スタッフとの会話が楽しみ。

3
「今日も来てくれてありがとうね」「いいえ、こちらこそありがとうございます」 4

「雨の中大変ね。ありがとう」「きょうはいい天気ねえ」「暑いでしょう。アイスでも食べていきなさい」何気ない会話の中に交流が。

5

季節はめぐり大晦日、宅配の年内最終日。空模様が怪しくなり、雪が… 7

山道にさしかかると雪が深く進めなくなり…8

配達員は車を降り、配達品の入ったコンテナを抱え雪道を歩き出す。

10

1時間後、おばあさんの家に到着。雪深い道が続いた中、なぜかそこだけ雪かきされている… 12

呼び鈴を鳴らしても、応答なし。「おばあさん、どうしたんだろう」不安になる配達員。 13

と、何やらスコップの音…。裏口から雪かきスタイルのおばあさんが! 15

一緒に暖まりながら、配達員はホッと一息。おばあさんの元に無事届けられたのはお正月用の食材だった。「今日も来てくれて、ありがとうね」おばあさんの一言がいつも以上にあったかい。16

離れて暮らす親やおじいちゃんおばあちゃんがいる人は、ウルッとしてしまいそうなほっこり動画。

きっとやってくるであろう配達員のために、帽子+ダウンコートで雪かきするおばあさんの姿が微笑ましくてかわいい。

ちなみに動画は、映画『ALWAYS三丁目の夕日』『Love Letter』『海猿』などを手掛けた映像制作会社ROBOTが制作を担当している。

 

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking