中心気圧は900hPa!猛烈な強さの台風19号が日本に接近中

2014年10月08日 14時14分

2014年10月08日 14時14分

気象庁HP
気象庁HP

台風18号が過ぎ去りホッとしたのもつかの間、猛烈な勢力に発達した台風19号が日本へ近づいてきている。

中心気圧が900hPa、最大瞬間風速は85m/s

気象庁によると、8日12時現在、中心気圧が900hPa、中心付近の最大風速は60m/s、最大瞬間風速は85m/s、中心から半径200km以内では風速25m/s以上の暴風域となっている。

900hPaってどのくらいすごいの?

伊勢湾台風並みなどともささやかれている今回の台風19号。伊勢湾台風は、室戸台風、枕崎台風とあわせて昭和の3大台風にあげられ、中でも最悪の被害(死者・行方不明者5000人以上)をもたらした。その上陸時の気圧929hPaからしても、900hPaの異例さがわかる。

気象庁HP

900hPaにネットでの反応は…

週末3連休にかけて接近が予想されるため、今後の台風の動きには十分な注意が必要だ。

注目の記事