3歳児、空腹でアルミ箔やロウ食べる?衰弱死させたとして義父と19歳母親を逮捕

Text by

  • 0
足成

足成

大阪府警が20日、3歳の長女に十分な食事を与えず、育児放棄(ネグレクト)により衰弱死させたとして、殺人容疑で大工の養父(22)と、無職の母親(19)を逮捕したことが分かった。

腸内からアルミ箔やロウ、タマネギの皮

両親は今年2月以降、長女に十分な食事を与えず放置し、6月15日に自宅で低栄養によって衰弱させて殺害した疑い。

司法解剖の結果、死因は低栄養。腸内からはアルミ箔やロウ、タマネギの皮が見つかり、空腹のため口に入れたとみられている。胃に内容物はなかった。

長女の死亡時の体重は8キロで、同年代の平均の半分程度だったという。

2人とも容疑を否認

養父は「やせ細っていたのは知っていたが、虐待はしていない」、母親は「食事は1日3回あげていた。食べ物の好き嫌いが激しかった。先天性疾患が原因だ」などと容疑を否認。

長女の顔や頭には打撲の痕もあり、暴行が加えられていた可能性もあるとみられている。

また、長女が冬にはだしで薄着のまま外に閉め出された姿や、自宅アパートのベランダの手すりにビニールテープで縛られる姿など、近所の人が目撃していたとの情報もあるようだ。

2人の間に生まれた長男(1)への虐待の痕跡は見られなかったという。

行政の支援を母親が拒む?

死亡した長女は生後5カ月の時に、筋力が低下したり、発達が遅れたりする「先天性ミオパチー」という病気を発症。そのため、行政は定期的に育児支援をしていたが、母親は妊娠を理由に面会などを拒んでいたという。

先天性ミオパチーは筋細胞(線維)の遺伝性の病気で、国の特定疾患に指定されている。

東京都福祉保健局によると主な症状は以下の通り。

新生児期ないし乳児期から筋力・筋緊張低下がある。通常、生後3~4か月で見られる首のすわり、生後6~8か月で見られる一人座り、生後12~14か月で見られる一人歩きといった発達が遅れる。まれに成人になって発症するものもある。一般に症状の進行は遅いが、呼吸筋を侵され、人工呼吸器が必要になることもある。

この病気は体重が軽くなるなどの傾向もあるが、長女は自立歩行ができるようになるなど快方に向かっていたようで、死亡との因果関係はないと判断された。

繰り返される虐待のニュースにネットの声は…

繰り返される虐待のニュース…。ネットではやるせなさが広がっている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking