ほんこん、酷評受ける8.6秒バズーカーにエール「世に出る事は凄い事」

Text by

  • 1
shutterstock

shutterstock

お笑いコンビ・130Rのほんこん(51)が18日、”ラッスンゴレライ”のリズムネタで大ブレイク中のお笑いコンビ・8.6秒バズーカーがネット上で酷評されていることを受け、「どんな形でも世に出る事は凄い事よ 気にするな8.6秒バズーカーよ!」とエールを送った。

“ラッスンゴレライ”酷評の嵐?

YouTubeでは、同ネタを披露した公式動画が1600万回以上(2月19日時点)再生されるなど、大人気の8.6秒バズーカー。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=N4Z46GxZtd4[/youtube]

しかし、そのコメント欄を見ると、「これで笑えるなんてww」「おもしろ要素が本当に分からん」「もうちょいお笑い学習したら?」といった辛辣な声も多い。

松ちゃんイマイチ?「もう曲ですよ」

また、今月8日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、ダウンタウンの松本人志が同ネタについて、「そんなに面白くはなかったけどね」とコメント。

「もう曲ですよね。それを言い出したら、ダメよ~ダメダメも曲みたいなものだけどね」と持論を展開したのは既報の通りだ。

「挑戦は素晴らしいです」

酷評を受ける8.6秒バズーカーに対して、ほんこんは「どんな形でも世に出る事は凄い事よ 気にするな8.6秒バズーカーよ!」と激励。

さらに、「さすが吉本の大先輩としての温かい激励ですね!!芸人の世界の厳しさは並みじゃないですし」との声が寄せられると、「同じ事務所だから言ったのではなく 何かをする者に対して尊敬の念を持たない無責任な発言は憤りを感じるからです」とキッパリ。

そして、「挑戦は素晴らしいです」と後輩を称賛した。

そんなほんこんだが、その後は「クッソー!おらっスーパーサイヤ人になられへんやんかいさ」と、おちゃめな写真をツイートしている。

Twitter / @hong2010kong

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking