115年連れ添ったカップルに突然の別れが到来 「もう互いに顔を見るのも嫌な様子」だったとの証言も

Text by

  • 32
2731241473_1affa9fff2_b

オーストリアの動物園で飼育中のソウガメ、メスのビビとオスのポルディのカップルが、115年間連れ添ったのちに今回別れて暮らすことになった。

これまで平穏に暮らしていた2匹だったが、ある日突然、ビビがポルディの甲羅の一部を噛みちぎった。そしてその後もビビがポルディを攻撃し続けたため、やむなくポルディが隔離されることに。

何とか2匹を元のサヤに収めようと動物園側は、専門家によるカウンセリングも行った。催淫薬を使ったり、一緒に行うゲームをさせてみたりとあれこれ手を尽くしてみたものの、殻に閉じこもった二匹の心に変化は見られず…。

「もう互いに顔を見るのも嫌な様子」と飼育係もため息をつく。

動物カップルの「離婚」はあまり知られてはいないが、カメに限らず鳥類などにも見られることがあるらしい。2匹の間に何があったのかは知る由も無いが、もう関係修復には至らないのだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking