ココナッツが“虫歯菌”打倒に有効と判明!歯磨き粉もこれからはココナッツフレーバーの時代に?

2012年09月03日 14時34分

2012年09月03日 14時34分

shutterstock
shutterstock

ミントの効いた歯磨き粉は、スッキリして気分のリフレッシュにも非常に有効だ。しかし、虫歯菌に有効かと言われると、そのような効果は期待できない。

そんな中で、虫歯菌に有効な成分として新たに注目を浴びているのが、ココナッツオイルである。最近の研究で、このココナッツオイルが、ミュータンス連鎖球菌に非常に有効だという結果が出た。ミュータンス連鎖球菌とは、糖を好んで歯にこびりつき、虫歯の元となる酸を作り出すバクテリアである。

この研究で、ココナッツオイルを消化酵素と混ぜて使用してみたところ、ミュータンス連鎖球菌への殺菌能力が非常に高いことが判明したのである。

この研究を行った専門家は「ココナッツオイルが、今後歯科衛生製品において、化学物質にかわる非常に魅力的な物質であることが分かりました。また、現存する抗生物質への耐性を持つバクテリアが増加する中で、この発見はとても意味があると言えるでしょう」と述べている。

ミント味よりもココナッツ味の歯磨き粉が主流になる日が、近々来るかも知れない。

注目の記事