話題のサプリメント『オメガ3』、実はほとんど効果がないと最新の研究結果で明らかに

Text by

  • 0
flickr_Rdoke

flickr_Rdoke

フィッシュオイルと言えば、健康や美容関連の雑誌などでイチオシアイテムとして頻繁に取り上げられ、摂取を薦められているサプリである。アメリカでもこのフィッシュオイルから作られるオメガ3多価不飽和脂肪酸のサプリメントは年々売上が伸びており、2011年は前年比5.4%の伸びを記録し、9億円程度の売り上げがあった。

しかし最近の調査では、心臓発作や循環器系の病気とそれに起因する死などには殆ど効果がなかったとの少々ショッキングな結果が出た。23年間に渡って68,680人のデータを調べたところ、このサプリを摂取と循環器の発作やそれによる死亡との間には、何ら関係性が認められなかったというのだ。

以前の研究では、心臓発作を経験した人のうち29%は、オメガ3の摂取のお蔭で2年以上生存することができた、という結果が出ていた。しかしそれ以降の研究では、この結果を支持するものとこれを反証するものとがあり、なかなか明白な結果は出ていなかった。

別の専門家は、「この成分が体にいい、となるとそれをサプリで簡単に取ろうとする傾向があるが、サプリメントではなく、きちんと食物からとることが大切だ。だからオメガ3のサプリではなく、その成分を多く含む魚を一日二回食べることの方が効果的。」と述べている。

確かに一般の人は、なぜこの栄養素が体に良いのかということもあまり考えずに、ただ単純に、良いとされるサプリに飛びつきがちである。

オメガ3についてはまだまだ専門家の間でも賛否両論あり、この最新研究結果についても反論が絶えないようだ。しかし、確かにまず気を付けるべきは日々の食事。そしてサプリについても、安易に飛びつく前に、もう少し勉強すべきなのは事実かもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking