折り紙にヒントを得た日本発のスカーフ 巻いて膨らませる斬新なアイディアが海外でも話題に

2012年09月14日 11時10分

2012年09月14日 11時10分

Monomatopee
Monomatopee

きっちりと平らに折りたたまれたスカーフ。とはいえ、教えてもらわなければそれがスカーフだということさえ分からない。日本発のこの商品が、アメリカで注目を浴びている。

一見すると紙のように見えるこの布地、首回りにただ巻いただけで終わりではない。折り紙で折った紙風船を膨らませる要領で空気を吹き込むと、角ばった形に膨らんで様々な巻き方や形を楽しめる、というちょっと驚きのファッションアイテムなのだ。

巻き方や膨らませ方によって、蝶ネクタイ風になったり花の蕾のような形になったりと、アレンジの可能性は工夫次第で無限に広がる。

スカーフの他にも、ペンケースやポーチ、バッグといったアイテムも作られている。スカーフのお値段は11,550円。日々のファッションのアクセントとしていかがでしょうか。

tokyo-marumasu.com

tokyo-marumasu.com

注目の記事