コカ・コーラに入っている驚くべき砂糖の量!

Text by

  • 4
flickr_Choo Yut Shing

flickr_Choo Yut Shing

 「コカ・コーラ」の発祥地・アメリカでは近年、消費者の健康意識の高まりもあり、コカ・コーラの販売数が13年連続で減り続けている。しかし、それでも国内で年間16億ボトルが消費されている。(2013年)

500mlのコーラにティースプーン13杯分の砂糖

コカ・コーラは世界中の人々に愛されてはいるが、問題点も多い。

第一に話題に挙げられる問題点は、砂糖の量だ。イギリスのコカ・コーラ社のホームページによると、500mlのコーラには、53グラムの砂糖が入っているという。

世界保険機構(WHO)は砂糖の摂取量を1日あたり25グラムに制限することを提案している。

これらを比較すると、いかにコーラの砂糖含有量が多いかが分かる。

また、コカ・コーラは超大量生産されているため、コストが安く、世界のいくつかの地域では水よりも安い値段で販売されている。そこでは食卓に料理とともにコーラが並ぶ。

「コーラは水よりも消費数が多い」というブラックジョークが存在するが、もしかしたらジョークではないのかもしれない。

砂糖の多量摂取の害は周知のとおり。アメリカを見ればよく分かるが、肥満・糖尿病・精神不安など多岐にわたる。

余談だが、「コカ・コーラ」の「コカ」は「コカイン」のことで、1903年に法律で禁止されるまで原材料に使用されていた。

砂糖もコカインと同様に、法律で制限される必要があるのだろうか。

 

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking