オラこんな散歩いやだ~!「#吉育三」に集まる子育て奮闘記が微笑ましい

Text by

  • 1
イメージ画像 出典元:いらすとや

新スター「#吉育三」誕生!

「オラこんな村いやだ~♪」と言えば、吉幾三さんの代表作「俺ら東京さ行ぐだ」です。

1984(昭和59)年発表の曲ですが、「~もねぇ!」と韻を踏む軽快なテンポと、語句を入れ替えやすい歌詞のため、インターネット上でいくつもの替え歌が生まれてきました。

そして2016年3月、短文投稿サイト「ツイッター」でハッシュタグ「#吉育三」が登場。

幼い子を持つパパ・ママたちの「子育てあるある」を表現する詞が続々と集まり、話題になっています。

きっかけは、育児中の男性が投稿したつぶやき

ハッシュタグをつくったのは、11カ月の男児を育てているというダンさん(@segare2015_4) の3月13日早朝の投稿です。

泣きやまないお子さんに手を焼く父親の姿が浮かびますが、どこか笑いを誘う一曲です。

ハッシュタグの妙も相まって、3月16日時点で4千件以上リツイートされました。

パパ、ママの悩みを現す切実な言葉が続々

1、オラ3歳になるだ。

2、その服変だ。

3、オラこんな散歩いやだ。

4、イヤイヤ期って大人でもたまにあります。

時には痛烈な社会批判も

「#吉育三」から派生し、「オラこんな国いやだ」というハッシュタグも誕生。

保育園の待機児童解消や、産休・育休環境の整備、家庭内の役割分担など、母を襲う問題は山積みです。

吉幾三さん、ご本人は知っている?

吉さんの個人事務所・吉プロモーションに尋ねたところ、吉育三ブームについて「初めて知りました」とのこと。

恐らく吉さん本人も知らないだろう、ということでした。うーん、残念!

出典元:いらすとや2

イメージ画像 出典元:いらすとや

「俺ら東京さ行ぐだ」は、地方出身の若者が一度は抱くだろう東京への憧れと何もない古里を自虐的に歌いながら、逆説的には強い地元愛も感じる名曲です。

子供に振り回される親御さんの心労は察するに余りありますが、「吉育三」のほほえましい投稿の数々は、我が子への愛情がほとばしっています。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking