【目から鱗!】リッチな人はやっている!お金の管理方法5つ

Text by

  • 34
shutterstock

shutterstock

今年春から消費税も増税し、これからも増税されるかもしれない状況の今。「働いても働いてもお金が貯まらない……」なんて頭を抱えている人、多いのでは?

海外情報サイト「Lifehack」では、裕福な人だけが実行しているお金の管理方法を紹介している。 貯金額が少なくても、そのエッセンスをまねすれば貯金も貯まり、お金持ちへの道が開けるかも。

今日はリッチな人がやっているお金の管理方法5つをご紹介しよう。

1.即物的な快感を忘れること

外食や旅行などから得られる快感は、ただ漫然と過ごすだけなら喜びの時間もほんの一瞬。 使わない洋服やバッグも勝った瞬間はうれしくても、あまり着ないのなら「買うこと」そのものが快感なだけであることもしばしば。

リッチな人々はそうした即物的な快感を忘れて、無駄にお金を使うことはしないのだ。

2.「必要」と「欲求」の違いを認識

「もっと大きな家が必要」というとき、家族が増えて部屋数が足りないから大きな家が必要なのか、何となく「大きい家の方が気分いいから」という欲求なのか、をきちんと区別することは大切なこと。

お金が貯まらない人は、得てして”Need”と”Want”を混同しがち。その出費、本当に必要なのかを1度考えるクセをつけよう。

3.ローンや借り入れのコストを理解する

ついついお金がないときは、車を買うときもローンを使って「月々いくら払えば良いか」という点を気にしがち。

ところが本当にお金を貯めている人たちは、ローンの利息等も含めて総額のコストを気にしている。何かを買うときは、利息だけでなく減価償却費や税金など必要な諸々のコストを考えてみよう。

4.プロに任せるところは任せる

お金の管理など、自分1人ではなかなか理解できない内容のことを無理して1人でやろうとするのは考えもの。投資などの財務のプロは、やっぱりそれなりの知識やテクニックを持っているものだ。

場合によってはいっそのことプロに任せて、適切な管理をしてもらうことも必要だろう。

5.計算することを怠らない

計算と言っても、何も複雑な方程式を用いた計算ではない。

小学校で習う程度の数学でもいいので、何かお金を使うときには印象などで決めないできちんと計算することを心掛けよう。 その一手間が、あなたの手元に貯まっていくお金の額を決めるのだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking