その発想はなかった…山崎パンから「カレーメロンパン」が発売!意外な組み合わせが好評?

Text by

  • 0
東大阪市企画室Facebookページ

東大阪市企画室Facebookページ

山崎製パンと言えば、10月にメロンパンの皮だけを商品化した「メロンパンの皮 焼いちゃいました。」が話題となったのは、記憶に新しいですね。

当初は関西限定で発売された同商品は、人気のため、すぐに北海道以外の全国で展開が開始されました。あまりの人気で生産が追いつかず、品切れが続出したようです。

そんな斜め上行く商品がヒットを飛ばしている山崎製パンですが、このほど、さらにパワーアップした商品が発売されたようです。

カレーパンとメロンパンのコラボ

新商品として1日から発売されているのは「カレーメロンパン」。文字通り、カレーパンとメロンパンが一体となったパンです。外側がメロンパン、中にカレーが入っています。

カレーメロンパンは東大阪カレーパン協会と山崎製パン、さらにハウス食品のコラボ商品として生まれたパンで、近畿圏のみで販売されています。

※左は同時発売された「牛すじカレーパン」

意外と美味しい?

カレーパンとメロンパン。それぞれは美味しいですが、果たして、合体したものはどうでしょうか。

カレーメロンパンのメロンパン部分は、ほんのりとした甘さを残しつつもカレー味がついていて、中のカレーとの相性は良いようです。

実際に食べた人は「ウマイ!」「けっこう美味しい」「マズくない」などとTwitterなどに感想を投稿しています。いわゆる“キワモノ”なパンですが、意外に美味しいようですね。

カレーメロンパンは近畿二府四県のスーパー、コンビニなどで、2ヶ月間限定で販売されます。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking