犯人追跡でロレックス破損!警察官が容疑者に320万円の損害賠償求める

Text by

  • 0
Shutterstock

Shutterstock

埼玉県警の男性警察官が、捜査中に壊れてしまった高級腕時計のロレックスを賠償するよう、容疑者の男に民事訴訟を起こしていることが分かりました。

公務中の警察官が容疑者に賠償請求!?

警察官は25年11月に埼玉県蓮田市内で公然わいせつ事件の捜査中に、女性に下半身を見せた男を追跡。容疑者が車で逃走しようとしたため、ワイパーを掴んで阻止した際、数十メートル引きずられ、手足にけがを負いました。さらに、身に着けていたロレックスも壊れてしまったといいます。

男は傷害罪で略式起訴されましたが、同警察官は、“けがが残った上に精神的ダメージを受けた”として、時計の修理代約73万円と慰謝料250万円の損害賠償を求めています。

ロレックスよりG-SHOCK

インターネット上では

  • 「警察官のしている腕時計はロレックスよりG-SHOCKの方がいいね。」
  • 「そんなもん身に着けて仕事するなよw」
  • 「TPOは大切だな。勉強になったよ。」

と、そもそも高級時計をつけて公務にあたった警察官へのダメ出し意見が多く見られました。

ちなみに、警察官が容疑者に損害賠償を求めるのは極めて珍しいことだそうです。県警はこれについて「個人の問題であり、コメントできない」としています。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking