警察がマークする都内某所の芸能人“秘密のパーティ物件”

Text by

  • 0
ebisu

1990年代を代表するヒットメーカー「CHAGE and ASKA」・ASKA容疑者の覚せい剤取締法違反容疑による逮捕は、芸能界のみならず日本社会に大きな衝撃を与えた。

古くから薬物汚染が囁かれる芸能界だが、今回のASKA容疑者の逮捕を受けて、近く警察による一斉浄化が行われるのではないかとマスコミ関係者の間でもっぱらの噂になっている。元々は「週刊文春」が報じたASKA容疑者の「覚せい剤使用疑惑」だが、芸能記者の間では噂としてまことしやかに囁かれていたという。

「ASKA容疑者の疑惑が文春に取り上げられたのは去年ですが、実はずっと以前から我々は”現実味のある噂”として、彼の覚せい剤使用情報をキャッチしていました」と語るのは週刊誌Aの芸能担当記者。

「そしてASKA容疑者より以前から”薬物に溺れている”と言われている有名人はまだまだいます。人気演歌歌手、元男性アイドルグループのメンバー、元子役の男性タレント、人気モノマネタレントなど、数え上げたらキリがないほどです」と言う。

警察が熱心にマークする部屋

東京の渋谷区に芸能関係者が頻繁に集まってパーティーをしている物件があるんですが、そこが薬物取引の温床になっている可能性が非常に高いと警察は見ています。実際、薬物疑惑で名前のあがる芸能人にもパーティーの常連は多い。警察が熱心にマークする場所のひとつでしょう」(前出の芸能担当記者)

一般社会同様、芸能界にも”薬物使用を許さない”規範意識が求められている。

Posted: |Updated:

Text by

あなたにおすすめ

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking

News Ranking