実は誰も見ていないのに人は視線を感じてしまうと判明!:豪研究

Text by

  • 15
wikimedia.org

wikimedia.org

“誰かに見られている”と、体の表面がちりちりするような感覚を味わったことはないだろうか? もしかしたら幽霊か!?とぞっとすることも。シドニー大学の研究者たちは、それをやむを得ない事だと同意する。どうやらヒトが何かの違和感を感じると、脳は“誰かが自分を見つめている”と思い込ませてしまうらしい

“視線を感じる”という視線認識能力は、一般の方々があって当然だと思い込んでいる能力です」と、シドニー大学のColin Clifford教授は述べる。「けれど他人の視線を感じるという判断能力は、実はそんなに単純なものではありません。脳は、無意識の内にたくさんの情報を処理しているのですから」

私たちが見られていると認識するには、他人の目のポジションと頭の方向を確認しなくてはならない。その視覚情報をもとに、脳は空間的なポジションの計算をする。だが、その誰かはサングラスをかけているかもしれないし、暗がりの中ではよく確認できない事もある。その欠けた情報を脳が勝手に適当なもので埋めてしまうのだ。

研究者たちは顔の画像を作り、目がどこを向いているのかを被験者たちに聞いてみた。それも、わざと脳に“誤認”させるため、はっきりとは判別できないようにしてみたらしい。すると被験者たちは、そのどれもが自分たちを見つめていると答えたのだという。どうやら私たちの脳内回路は、答えが不明瞭な時“そう”認識するように出来ているようだ。では、なぜ私たちはそのように進化したのだろう?

「自然界において直視されるという事は、“支配”や“威嚇”を意味するの場合がほとんどで、それを見逃すと命取りになります。ですから“見られている”と思い込んだほうが、気づかないよりも安全だと言えるでしょう。それと、直視は社会において、コミュニケーションを取りたいという現れでもあるので、これにも素早く気づけた方が社会的に上手くいきます」

直視の傾向はコニュニケーションを取りたがる赤ん坊にも見られるという事なので、このバイアスは先天性のものだと考えられる。これまでの研究では、自閉症スペクトラムを持つ人たちは、人に見られているのに気づかない傾向があることが知られてきた。反対に不安障害を患う人たちは、余計に他人の視線を感じがちなのだとか。

もしアナタがふと視線を感じて振り返った時、誰も見ていなかったとすれば、脳の誤作動を疑ったほうがいいかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking