三次喫煙はDNAを傷付ける!タバコを消した後でもニコチンなどの有害物質は堆積し、毒素を発し続けると判明!!

Text by

  • 8
Pixabay

Pixabay

タバコは“百害あって一利無し”とはよく言われ、IRORIOでもさんざんその有害性が指摘されてきたが、またもや恐ろしすぎる研究結果が発表されてしまった。米ローレンス・バークレー国立研究所によると、ニコチンなどの有害物質がこびりついた部屋にいるだけで、人は健康を害する恐れある。タバコの煙により壁や棚などの表面にこびりついた有害残留物が、三次喫煙となってヒトの細胞内にある遺伝子を傷付けるのだという。

この研究が暴きだした恐ろしい事は、喫煙を続ける事でこの有害物質は堆積し、時間が経てば経つほどその毒性を増していく事だろう。研究ではタバコの煙に直にさらされるよりも、三次喫煙により濃縮された化学化合物の方が、DNAへの損傷が大きかったそうだ。「タバコの煙に特有のニトロソアミンは、最も強力な発癌性物質の一つで、これがあらゆる表面へとこびりく。もしそれらの表面が衣類やカーペットであった場合、子供たちへの脅威は特に深刻だ」と、研究者らは警告する。

こういった三次喫煙による有害物質は、DNAの二重らせんを解離し酸化させることで遺伝子にダメージを与え、それが突然変異へと繋がるのだという。このメカニズムが、タバコよって引き起こされる癌化の仕組みとなっているそうだ。

しかし三次喫煙を防ぐのはとても難しい、と研究者らは述べる。調査では、喫煙者が引っ越した2ヶ月後のアパート内でもタバコによる有害物質が検出され、いくら本人が換気に気を使っていても、通常のクリーニングでは排除出来ないとのこと。カーペットを取り替えたり、壁を塗り替えさない限り、有害物質は変わらず存在し続けるというのだ。

三次喫煙が遺伝子の突然変異を引き起こすという証明は、今回の研究が初めてとの事。さて、時間が経つにつれ二次喫煙である副流煙よりも有害となる三次喫煙。もはや喫煙者本人だけの問題ではなく、周囲にも多大な悪影響を及ぼす“万害あって一利無し”のものとなりそうだ。この研究の詳細は、Mutagenesisに掲載された

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking