【料理人必見】塩を使わずにりんごを変色させない方法

Text by

  • 40
YouTube/americastestkitchen

YouTube/americastestkitchen

お弁当のおかずにうさぎのりんごを一切れ。せっかく作った可愛いうさぎさんでも、食べる頃には黒ずんでしまい美味しく見えないもの。日本では塩水に5分ほど漬けておく方法が知られているが、それではりんごがしょっぱくなってしまう。そんな世の中の料理人に朗報だ。なんとハチミツと水を合わせ、果物を数分漬けておくだけで、その後24時間は果物をフレッシュに見せてくれるそう。果物の変色を防ぎ、ほのかなハチミツの香りが甘くて美味しい! America’s Test Kithenが実験の末に見出した一番の方法。今回はそのやり方をご紹介しよう。

果物や野菜の切り口が黒ずんで変色してしまうのは、ポリフェノールが空気に触れ、酸化することで起こる。ならばその化学反応を抑えればいいわけだが、なんとハチミツに含まれるペプチド化合物が、その役割を果たしてくれるそう。

まずは大さじ2のハチミツ1カップの水に混ぜる。切った果物をハチミツ水に数分漬けるだけで、丸一日は黒ずみを抑えられる。忙しいのなら、30秒漬けておくだけでも8時間は持つそうだ。りんごだけではなく、梨、いも、レタスなどの果物・野菜全般に効果があるそうなので、ぜひお試しあれ。下の動画はAmerica’s Test Kitchenの説明↓

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=s-WDRPmUw10[/youtube]

americastestkitchen

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking