子供たちは今すぐコレをやったほうがいい!?空間認識のトレーニングをするだけで数学スキルが劇的にアップすると判明!!

Text by

  • 19
Shutterstock

Shutterstock

以前、脳に電気ショックを与えると数学能力が劇的に上がるとの研究をお伝えしたが、そんな怖いリスクを負わなくても数学スキルが上がる簡単な方法が編み出された。なんと空間認識力を鍛えるちょっとしたトレーニングが、子供たちの計算能力を格段にアップさせられることが判明! かつてより空間認識能力と数学のスキルには関連性が示唆されていたが、それを実験で証明したのは米ミシガン大学が初めてだという。

研究では、6〜8歳の子供たちに空間認識テストでよく使用されるメンタルローテーションをやってもらい、バラバラのアングルの2つの物体をどう組み合わせると一つの形になるかを想像してもらった。その後足し算と引き算をやった所、なんと各スコアが劇的にアップ! 画像はその研究の例題だ:下にある2つの物体を組み合わせたら、上のどの物体になるだろう?

Michigan State University

研究に携わった教育心理学のケリー・ミックス教授によると、この空間認識が脳にプライミングされることで、計算がより容易になったのではと述べる。「これの衝撃的な所は、生徒たちに20分のトレーニングをしただけで、計算能力の向上が認められた事でしょう。これを6週間続けた時の事を考えてみて欲しい」と、ミックス教授。

多くの研究が数学の早期教育の重要性を示す中、空間能力と数学の関係を理解することは、子供たちにとって特に重要になる。空間能力は、建築、エンジニア、気象学、天文学、レントゲン技師など、様々な職種において必要不可欠な能力。しかし空間認識にはいくつもの種類があり、そのどれが数学能力を引き出すかの更なる研究が必要との事。この結果は科学誌Journal of Cognition and Developmentに掲載される予定だという。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking