人類の起源は「猿人類」と「豚」のハイブリッドであるという斬新すぎる新説が登場!

2013年07月06日 19時15分

2013年07月08日 04時56分

flickr_smerikal
flickr_smerikal

かつてガリレオ・ガリレイが地動説を唱え(これは真実だったと証明されたが)、人類の度肝を抜いたように、人類の歴史を覆すような爆弾発言をする遺伝学者がいる。ユージン・マッカーシー博士によると、ヒトの起源はチンパンジーと豚の交雑だというのが最善の解釈だとされる、揺るぎのない解剖学的証拠があるのだという。悪いがこれはエイプリルフールのジョークではないので、大真面目に読んでいただきたい。(追記:ここでのチンパンジーと豚は、〜500万年ほど前の両者の祖先の事であり、遺伝子的にも現在よりは遥かに近縁だったと思われる)

通常、異種生物の“間の子”は不妊となることが多い。実際にラバ(馬とロバの交雑種)は子孫を残せない事で有名だが、長年ハイブリッド動物を研究してきたマッカーシー博士に言わせると、このような例は交雑種の中では稀であるといい、繁殖に優れている種も存在するのだとか。例えばメスのライガー(ライオンとトラの交雑種)は、ハイブリッドでありながらライオンとトラのどちらとも戻し交配が可能だ。しかも戻し交配により、繁殖力が強化される場合もあり、これは品種改良のために畜産業界においては一般的な技術なのだそう。

ヒトが生まれるには、“掛け合わさる方向”が重要だとされ、豚の雄とチンパンジーの雌の間に生まれたと考えられている。生まれた子供が猿人類の母親に育てられるという理由から、その“方向”が理に適っているのだそう。そして何世代も度重なった猿人類との戻し交配により、ヌクレオチド配列データの比較ではブタ遺伝子は表面上ひた隠しにされているというのがマッカーシー博士の主張だ。

マッカーシー博士が提示する膨大な資料の中には、ここではお伝えしきれない解剖学的比較データがある。骨の構造、皮膚、腎臓構造、皮膚メラニン細胞の存在、黒色腫、霊長類陰茎骨、脂質と細胞膜、声帯構造、喉頭嚢、心房の左右対称、頭蓋脈管構造…などなど、まさに何から何までだ。彼によると、チンパンジーと人間の違いを探せば探すほど、その違いは人間とブタの類似点となってくる。また、ゴリラとチンパンジーを比較すると、ゴリラには森猪の特徴が浮かび上がってくるのだとか。

macroevolution.net

遺伝学者としてのマッカーシー博士のリサーチは、実際に読んでみると思わず納得してしまいそうな説得力がある。しかしこれは新説としてプレスリリースされたものの、研究内容が論文になったわけでも、実験によってこの説に裏付けがあるわけでもない。しかしこれを提唱するのは、「近年の生物学者は遺伝子に過度に依存し過ぎている」と述べるハイブリット専門の遺伝学者。チンパンジーとブタの祖先に交配が可能だったかを知る手立ては、今のところないと思われるが…とりあえずこれは一つの斬新な説として捉えておいたほうが良さそうである。 

注目の記事