8月12〜13日はペルセウス座流星群のピーク!ここ数年では最高の観測条件!!

Text by

  • 1
ESO/S. Guisard

ESO/S. Guisard

天文ファンには嬉しい日が近づいてくる。毎年8月13日前後は、夏休みの恒例行事(?)となっている年間三大流星群の1つ、ペルセウス座流星群があらわれる。今年は月明かりを気にする必要はなく、ピークがおとずれるのも日本の夜間で、ここ数年では最高に恵まれた観測条件であるとのことだ。

ペルセウス座流星群はスイフト・タットル彗星が塵を撒き散らし、その軌道を地球が通過する事により出現するもの。塵が流星となったものがペルセウス座付近を放射点として出現することからその名が付けられた。

今回のペルセウス座流星群は、日本時間8月12日の21時過ぎから出現しはじめ、極大は8月13日の午前3時頃。それから明け方にかけて沢山の流星が見られるらしい。通常なら極大付近で1時間に30〜60個の流星が出現するそうなので、都市の明かりに邪魔されなく見晴らしのいい場所ならば、1分間に1つは見られるだろうか。放射点は北東の空だそうだ。

12〜13日は天候にも恵まれるのを祈るばかり。お盆休みでもあるので、明るい都市部から離れ、レジャーシートでも持って広く夜空を見渡せる場所に足を運んでみてはいかがだろう? 

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking