70日間ベッドの上に横たわるだけで18,000ドル稼げる仕事!?NASAがボランティアを募集中

Text by

  • 7
NASA

NASA

人類の次のステップである宇宙探査を達成するためには、長い期間、微小重力下における宇宙飛行士の健康状態が最初の難関にあげられる。今回NASAがボランティアを募集しているのはけっこう嗜虐的な内容の実験のためだが、フィットネスに自信のある引きこもりマゾ体質の人には夢(?)の仕事かもしれない。

ゲーム三昧、ネット・本読み放題、オンラインクラスを取って勉強してもいいし、誰かと電話しても良し。何ならパソコンで仕事をしてもオーケーだし、特に何もしなくてもいい。それを70日間続けるだけで、18,000ドル(約179万円)がもらえるのだという。条件は1つだけ。あなたはベッドという名の牢獄から出ることはできない。もちろん、食事もシャワーもトイレもベッドの上で済ませられるように配慮されている。さて、この“仕事”を70日間続けられるだろうか?

この研究の趣旨は、微小重力が人間の身体にどういう影響を与えるかを調べるというもの。70日間という長い間の宇宙旅行を模倣し、ベッドの頭部を6度ほど下に傾けた状態で実験が行われる。こうする事で体内の水分が上半身に移動し、宇宙空間での循環器系の状態に近づけることが出来るのだとか。そしてもうひとつの目的は、長い間ベッドに縛り付けられる事で、微小重力下でおこるような筋肉の萎縮と骨密度の低下を誘発することなのだという。

しかしNASAがボランティアに課す実験は、ただそうやって不健康になってもらうのではない。もちろんベッドに横たわったまま、スクワットや垂直トレッドミルでエクササイズをしてもらう。さらに惑星に降り立った宇宙飛行士を想定し、乗り物から降りる、重い物体を運ぶ、などもシミュレートしてもらうのだという。あなた自身が宇宙飛行士になれなくても、将来の宇宙飛行士の役に立てる実験。つまり宇宙探査に貢献できる有償のボランティアなのだ。

これに応募できる人材だが、もちろん誰でもいいというわけではなく、被験者はとてつもなく健康である必要があるという。候補者は筋力とエアロビクス力(酸素消費力)を測定され、実際の宇宙飛行士と同様のフィットネスを持つ人材が選定される。また、メンタル面を試すスクリーニングもされ、その後90分間、心理学者との対話が求められる。70日間の過酷な“ベッド地獄”に備えるために、身体だけではなくメンタル面でも強靭である必要があるのだ。

さて、この実験に参加するには米国籍を持っているか永住権が必要となっている。もしあなたが米国に住んでいて、人類のさらなる進展に貢献するという熱いパッションをお持ちなら、これに応募してみてはいかがだろうか。実際の応募フォームはこちらから。

Posted: |Updated:

Text by

あなたにおすすめ

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking

What’s Hot Ranking