肥満は味覚を変える? 病的肥満は「甘味・苦味・うま味」を感じにくくさせるとの研究結果

Text by

  • 14
Shutterstock

Shutterstock

肥満になると様々な病気のリスクが上昇すると、IRORIOでも数多くお伝えしてきた。このたび米バッファロー大学がマウスを使った研究では、肥満は味覚を変えるという結果が出た。オープンアクセスのジャーナル誌『PLOS ONE』に掲載された論文によると、病的肥満となったマウスは甘味を感じにくくなったそう。他にも、苦味やうま味への反応も鈍くなったという。

「肥満は脳に変化をもたらし、味覚システムをコントロールする神経の変化にもつながっています。しかしこれまで食べ物と舌の味蕾の関係について調べた研究はありませんでした」と、語るのはキャサリン・メドラー博士。「味覚受容体が肥満により変容し、甘味の刺激に反応する味蕾細胞が少なくなるのです」

研究では、味覚の伝達であるカルシウム・シグナリングというプロセスに注目。高脂肪食で肥満となった25匹のマウスとコントロールのマウスを使い、味蕾細胞が味を“感じた”際に上昇する細胞内のカルシウムレベルを調べた。すると甘味に対する反応が低下。それだけではなく、苦味やうま味への反応も鈍くなっていた。

味を感じにくくなるから体重の増加に繋がる……という因果関係は定かではない。しかしメドラー博士によると、肥満となった人はより甘くて美味しいものを欲しがるという結果が過去の研究で明らかになっており、痩せている人と同じ満足感を得るのに、より多量の食べ物を必要とするからではないか、との可能性が示唆されている。

この研究結果は、新たな治療法の開発に繋がるかもしれないという。味、食欲、肥満の関連性がわかれば、体重増加により影響を受けた味覚を元に戻せる可能性があるからだ。

《関連記事》

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking