背の低い男性は長生きするとの調査結果

Text by

  • 2
shutterstock

shutterstock

IRORIOではこれまで長生きに関する様々なニュースをお伝えしてきたが、今回ハワイの研究機関が発表したのはなんと「背が低い男性は長生きする」。日系人男性8,003人を対象にした40年の追跡調査で明らかになった。

背が高くなるにつれて短命に?

PLOSONE/Qimei He et al.

クワキニ・ホノルル心臓研究機関(Kuakini Honolulu Heart Program)は1965年から、1900〜1919年に生まれた日系人を対象に調査を開始。これまでライフスタイルや、病歴、生物試料などの情報を収集しており、この時代の日系人男性グループでは世界最大のデータである。

ハワイ大学のブラッドリー・ウィルコックス博士はこれらのデータを使用し、人々の身長を158cm以下、158~165cm、165cm以上の3つのグループに分けて、身長と長生きの関連性を調査。すると身長が158cm以下のグループが最も長生きをするという結果になった。そればかりか、身長が高くなるにつれて短命になる傾向があるということが明らかになったのだ。

長生き遺伝子”FOXO3″と背の低さは関連している

身長の低い男性はFOXO3という長命遺伝子を持っていることが多く、これが成長期に身体のサイズに影響するのではないかとのこと。また、同遺伝子を持つ男性は血液中のインスリンレベルが低く、癌にもなりにくいという。

ただし、身長がどのぐらい低ければ長生きするとの明確なラインは無く、FOXO3の恩恵に預からなくとも「健康な生活」を送れば長身でも長生きできるとウィルコックスは述べている。

調査結果は『PLOS ONE』で発表された。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking