日本に埋蔵されている貴金属ジュエリーの総額は推定1兆6550億円!! →東京タワー550塔分の総工費に匹敵するらしい

Text by

  • 0
shutterstock

shutterstock

田中貴金属工業株式会社は、全国の20~60代の女性1000名を対象に「日本に眠る貴金属に関する意識調査」を実施。その結果、「日本全国に埋蔵されている貴金属ジュエリーの総額」は推定1兆6,550億円であることがわかった。

「持っているが使用していない貴金属ジュエリー」が「ある」と回答した80%の女性に、その内容について「指輪」、「ピアス・イヤリング」、「ネックレス」のカテゴリごとに金・銀・プラチナの種類と個数について聞き、算出したところ、使用されずに眠る貴金属ジュエリーの総額は推定¥1,655,061,715,732になった。これは、東京タワーの総工費に換算すると約550塔分に匹敵する金額。

エリア別にみると、九州が88.7%で1番多く、続いて関西79.7%、中部76.4%だった。

「使用していない貴金属ジュエリーの内容」を尋ねると、「片方しか残っていないピアス・イヤリング」が約40%おり、その個数を日本全国の女性の数で換算すると、合計推定26,275,365個のピアス・イヤリングが片方だけになって使用されずに眠っていることになるという。

近年は金相場の高騰を受け、片方だけのピアス・イヤリングでも買い取りしてくれる店があるそうだ。女性のみなさんは自分のジュエリーボックスを1度確認してみると良いのでは?

Posted: |Updated:

Text by

あなたにおすすめ

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking

What’s Hot Ranking