【朗報!!】無呼吸でも生きられる時代到来!?血液中に直接酸素を注入する治療法が開発されたぞー

Text by

  • 1
shutterstock

shutterstock

米・ボストン小児病院の医師が、血液中に直接酸素を注入することで、無呼吸でも生きられる方法を開発した。

同病院のジョン・ケラー医師によると、脂肪分子に囲まれた酸素分子を血管に直接注射するこの方法は、人間を無呼吸でも30分生きられるようにしてくれるとか。

酸素を血中に注入するという方法は今までも試みられていたが、血液中で酸素が気泡になってしまい、失敗に終わっていたそう。そのためケラー医師の研究のほとんどは、酸素を包みこむ物質を発見し、液体の中に留めておくことに注がれたそう。

実験で、この注射を血中酸素が少ない状態の動物に打ったところ、数秒で通常の酸素濃度に戻ったという。また、呼吸ができない状態の動物に注入すると、15分間生き続けたうえ、合併症のリスクを減らすことができたそう。人間の場合、30分ほど延命できるが、それ以上続けると患者の血液にダメージを与える恐れがあるとか。

今のところ、この技術を使えるのは緊急時に限られるそうだが、近々医療現場で実用化されることになりそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking