【ダイエット】朝食抜きはやっぱり危険!脳の働きによってチョコレートがますますおいしそうに見えてしまうことが判明

Text by

  • 2
shutterstock

shutterstock

朝食を抜けばダイエットができると信じている人は未だに多いようだが、やはりダイエットどころか逆に体重を増やしてしまうという調査結果が発表された。

英国のインペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者は、21人のボランティアを対象に実験をおこない、朝食を食べたときと抜いたときの違いを調べた。実験ではまず、サラダやチョコレートなど異なる食べ物の写真を見せたときの脳の変化を調べ、それぞれにどの程度魅力を感じたか点数を付けてもらった。さらにその後、ボランティアに好きなだけパスタを食べさせた。

この実験を、ボランティアが朝食を食べたときと、食べなかったときに2度おこなったところ、朝食を抜いたときは、食べ物の必要性やおいしさを認識する脳の眼窩前頭皮質という部分が、高カロリーな食べ物を見ると活発化することが明らかに。さらに、チョコレートに一番魅力を感じてしまい、パスタも朝食を食べたときより250kcal分も多く食べたという。

脳が高カロリーな食べ物に反応するというのは、人間の生存本能に通じるものだということだが、チョコレートやケーキにばかり目がいってしまうようではダイエットに逆効果。やはり遠回りに見えても、健康的な食事を摂って、運動をすることが一番なのだろう。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking