世界一“強い”ビール「ハルマゲドン」が誕生した件 アルコール度数はウイスキー越えの65%!!

Text by

  • 19
Oddity Central

Oddity Central

一気飲みしたらすぐに倒れてしまいそうな“世界一強い”ビールが、スコットランドで誕生し、話題を呼んでいる。このビール、その名も「Armageddon(ハルマゲドン)」で、アルコール度数はなんと65%!!一般的なウイスキーやウォッカよりも強いという。

このビールを開発したBrewmeister社のLewis Shand氏によると、Armageddonは、ビールに分類されるが、どちらかといえばリキュールに近いものだという。材料は、クリスタルモルト、小麦、100%スコットランド産の水など。製造途中で水を凍らせて、高アルコールをつくり出す。水は凍るが、アルコールは凍らないので、余計な水分を取り除けるという仕組みらしい。

気になるのは、お味の方だが、実はスコットランドで開催されるインバネスコート・ビールフェスティバルで初めてお披露目されるため、残念ながらまだ秘密だそう。ちなみに、同社のウェブサイトでは、1ボトル40ポンドで注文を受け付けている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking