ペットと会話ができる“翻訳機”がもうすぐ実用化:米研究

Text by

  • 12
shutterstock

shutterstock

動物愛好家なら、一度は“動物と話ができたらどんなにステキだろう”と思ったことがあるだろう。“ペットとの会話”そんな夢が、新技術の開発によってもうすぐ叶うかもしれない。

30年以上動物の行動を研究してきた米・ノーザンアリゾナ大学のCon Slobodchikoff教授は、プレイリードッグの鳴き声を英語に翻訳する新技術を開発中で、ゆくゆくはほかの動物にも応用していくとのこと。さらに、人間の声をチューニングし、こちらから動物側に意思を伝えることもできるようになるそうだ。

この驚くべき新技術は、人工知能(AI)のソフトウェアを使って動物の鳴き声を分析するというもので、5~10年後に実用化の見通し。Slobodchikoff教授によれば、研究中のプレイリードッグでさえ、たくみにコミュニケーションを取っており、私たちにはわからないが「痩せた茶色のコヨーテがすばやく近づいてきている!」なんて細かい警告まで伝え合っているそう。

実際この“翻訳機”が売り出されたら、「今夜はチキンが食べたい」、「最近僕の部屋を掃除してくれてないでしょ」なんてペットの考えが理解でき、より楽しいペットライフを送れるようになるようだ。

あまりに革命的で、にわかには信じがたいこの新技術だが、“とにかく早く使ってみたい!”という人は多いはず。Slobodchikoff教授は、この装置によって人と動物のパートナーシップがさらに良好になることを期待しており、無益な安楽死や飼育放棄などを減らしていきたいとのことだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking

What’s Hot Ranking