エクササイズに最適な音楽はテクノ!10%も運動量がアップ:ベルギー調査

Text by

  • 1
shutterstock

shutterstock

せっかくエクササイズをするなら、より効果的、効率的な方法を選びたい…。そんな人にとって気になる調査結果が発表された。

ベルギーのGhent大学の研究者、Marc Leman氏によると、人はエクササイズ中に聴く音楽のテンポとノリによって、無意識のうちに運動量が変わるという。

Leman氏は、22~51歳の18人を対象に、まざまなタイプの音楽を聴きながらウォーキングをしてもらう実験をおこなった。すると、音楽の種類によって被験者の歩幅や負荷が変化することがわかった。

例えばレゲエやクラシックのようなリラックス効果のある音楽を聴くと、自然と人は歩幅を縮めてしまう。逆に、繰り返しが多く攻撃的なイメージのテクノやポップスを聴くと、歩幅が広がり足取りも強くなるため、運動量が10%程度もアップするという。

なお、今回の実験ではすべての音楽のテンポを統一していたが、よりテンポの速い曲を聴けばさらに歩行スピードも上がるそうなので、自分の体力と好みに合った音楽を見つけて、効率よくエクササイズをしてほしい。

この実験結果は、学術誌「Public Library of Science ONE」に掲載されている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking