物事が上手くいかないときに思い出したい7つのこと

Text by

  • 93
shutterstock

shutterstock

人生には晴れの日もあれば雨の日もある。時には何もかもが上手くいかず、ストレスに打ちのめされてしまうこともあるだろう。

そんなときに調子を取り戻すためのヒントが、海外のライフハック情報サイト「Lifehack」の「悪い日に(またはいつでも)思い出したい14のこと」で紹介されていた。ここでは、その中からいくつか役立ちそうなTipsを紹介してみよう。

1. 人の好き嫌いに振り回されない

誰かがあなたの存在や行動を気に入らなくても、それはその人の意見に過ぎない。まったく気にする必要はない。

2. 失敗を嘆かない

それは単に、自分が予想していた結果にならなかっただけのこと。失敗を生かして明日の成功に結び付けよう。

3. 毎日何か楽しいことをする

少しでもいいから、胸が躍ることや気分が高揚することをやってみよう。小さな変化が大きな違いをもたらすはずだ。

4. ゆっくり着実に進む

たとえ他の人がやっていたとしても、いっぺんに人生を飛躍させようと考えてはいけない。ペースを保つのは重要だ。

5. 人と自分を比べない

他人が夢をかなえているからといって、あなたが人生の敗者だというわけではない。他人の成功から刺激を受けたり、学んだりするのは良いことだが、彼らの人生をコピーする必要はない。

6. いつでも遊び心を持とう

笑う門には福来たる。笑いが心身にプラスの効果を与えることは実証済みだ。ユーモアのセンスで人生に立ち向かい、笑い飛ばそう。

7. 休むことを恥じるな

休憩するのはぜいたくなことではなく、絶対に必要なことだ。疲れたらちゅうちょせずに休養を取ろう。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking