南極・グリーンランドの氷が解ける速度、加速。一時的な影響か、長期的な変化か、意見割れる

Text by

  • 3
shutterstock

shutterstock

南極の氷がすべて解けると、海面は70メートル上昇するという試算もある。そうなれば、日本の主要都市は水没。IRORIOなど読んではいられない。地球科学に関する研究成果をまとめたジャーナル誌「Nature Geoscience」に、7月の第3週、南極の氷が予想されたよりも速いスピードで解けていることが発表された。

これは、ドイツ、オランダ、イギリスの有力な研究者たちが、人工衛星で収集した南極大陸のデータを最新の方法で分析した結果だ。解けるスピードが速まっていたのは南極だけでなく、グリーンランドの氷床も。このまま行くと、2100年の海面水位は、予想されていた数字を45センチも上回って上昇するとのこと。

この解け方の加速を、一時的なものと見る見方もある。「南極の氷を取り巻く環境が一時的に影響しているだけ」と言う学者たちがいるそうだ。その一方で、「長期的な環境の変化が原因」と言う人たちもいて、学者の間で意見は一致していない。誰でも一時的なものと思いたいが、長期的な地球温暖化が原因だとすると、僕らは温暖化を少し甘く見ていたと言えないだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking