スマホやタブレットPCで文字を打っていると、気が弱くなるらしい

Text by

  • 2
shutterstock

shutterstock

スマホやタブレットPCなどといった小さな機器でばかり文字を打っていると、人間、気弱になるらしい。最近、米ハーバード・ビジネス・スクールで、スマホやタブレットPCを使った直後の人に心理テストを行ったところ、そんな結果が出たとのこと。

同スクールでは、普通のデスクトップPCを使った後の人と、スマホやタブレットPCを使った後の人の両方に心理テストを行ない、結果を比較した。すると、スマホやタブレットPCを使った後では「自信」や「自己主張の強さ」に関する評価が低くなったという。特に「Assertiveness(自己表現・自己表明)」に関しては、半分以下の評価点だったとのこと。これは確かに、「気が弱くなる」と言っていいようだ。

気弱になってしまうのは、操作するときの姿勢が関係しているらしい。この実験を行った研究者の1人であるMaarten Bosはこう言う。「デスクトップPCに向かうときのように、身体を開いた姿勢でいると、自信が持て、コルチゾールなどのストレスホルモンの分泌も減ります。でもスマホや携帯、タブレットPCなどを操作するときは、これとは逆に、背中を丸め、身体を小さくしてしまいますからね」

スマホやタブレットPCを使わないようにするのは無理だろうが、少なくとも大事なミーティングの前や、愛の告白の前に使うのを避けることはできそうだ。あるいは、偉そうな態度でスマホを使うというのもアリかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking