自分が緊急で痩せたい時、米国一流の女性栄養士さんが食べるもの

Text by

  • 1
shutterstock

shutterstock

例えばドレスを着てパーティに出席するときとか、買ったばかりのジーンズがきつくてはけなくなったときとか……ちょっと無理してもあと1~2キロ痩せたいと思うことは、誰でもあるもの。それは、体にいい食事を第1に考える栄養士さんにとっても同じこと。

最近、女性の健康を応援するアメリカのサイト「Women’sHealth」が、 米国一流の女性栄養士さんたちに、「自分が緊急に1~2キロ痩せたい時、何を食べるか」と尋ね、回答を記事にした。

「野菜を多く摂る」という回答が多かったが、これは誰でもわかっていることだろう。ここでは、それ以外の、少しユニークな回答をご紹介しようと思う。健康を気づかいつつも、短期で痩せたい時に参考になると思う。

緑茶とサーモン&エッグ

「私が1キロ前後体重を落としたい時、まず、1日2杯以上の緑茶を飲むようにします。そして、サーモン&エッグのような、2種のタンパク質を組み合わせた料理を食べるようにします。もちろん、野菜もたっぷり食べます」(著書などで有名なアメリカの栄養士Keri Glassman)

カリフラワー

「カリフラワーはカップ1杯分食べてもたった25Kcal。それに、ポテトや小麦といった炭水化物の代用になるのもカリフラワーのいい点です。例えば、ゆでたカリフラワーを潰せばマッシュポテトの代わりに。これを薄くのばしてピザ生地にすることもできます。フードプロセッサで粗みじん切りにすれば、ライスの代わりにもなります」(NBC放送の人気番組「TODAY」に出演する栄養士Joy Bauer)

卵とアボカド、アスパラガス

「どうしても短期で痩せたいとき、私は2~3日間、余計なものを食べないようにします。朝は優れたタンパク源である卵と、アボカドを食べます。アボカドには適度に脂肪があるため、満腹感が持続します。また、アボカドに含まれるポタシウムは、いわゆる「水太り」を防いでくれます。アスパラガスも「水太り」に効果があるので、たくさん食べるようにしています」(栄養コンサルティング会社「B Nutritious」をニューヨークで創設したBrooke Alpert)

カボチャの種、トルティーヤ、ギリシャヨーグルト

「現在、妊娠中の私は、食べ物に特に気をつかって太り過ぎないように注意しています。私が食べているのは、パンプキンシード(カボチャの種)、トルティーヤ、ギリシャヨーグルト(Greek yogurt)です。パンプキンシードはおいしいうえに、腹もちがいい。トルティーヤの皮には、繊維質の多いMission Carb Balance Tortilas(商品名)を使っています。ギリシャヨーグルトはタンパク質が多く、普通のヨーグルトの2倍もあります」(著書やテレビ出演などで女子大生に人気の栄養士Shelly Marie Redmond)

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking