風邪菌から身を守る通勤ジャケットが、ついに開発される

Text by

  • 1
Betabrand

Betabrand

満員電車の中で、風邪をうつされるんじゃないかと心配したことのある人は多いはずだ。つり革や手すりは風邪の菌の温床だし、目の前で咳をする人がいても逃げ場がない。

でもご安心を。風邪の菌から身を守るための通勤ジャケットが、クラウドファンディングで実現した。

袖口と襟の銀イオン繊維が菌をシャットアウト

Germinator Transiti Jacketという名がつけられたこのジャケットは、防水フリース製。取り外し可能なフードが付いている。

Betabrand

大きな特長は、2重折りになった襟と袖口だ。近くで誰かが咳やくしゃみをしているときは、襟を立てて口を覆い、マスク代わりにすることができる。

また、つり革や手すりに掴まるときは、袖口を延ばすといい。ほぼ手が隠れる長さなので、その上から掴まれば菌に直に触れなくて済む。

Betabrand

この襟と袖口は、強力な抗菌作用のある銀イオン繊維できている。だから、風邪の菌がそこで増えるというようなことがないのだ。もちろん、取り外して洗えるようになっている。

定期やスイカを取り出す必要もなし

このジャケットの二の腕(手首の上あたり)に、定期券専用のポケットがついているのも嬉しい。

Betabrand

そこに定期券やスイカなどを入れたまま改札にタッチすればいいので、風邪の菌と接触する機会がますます少なくなる。

ファッションとしてはどう?

ファッションとしては少々問題もあるような感じがしないでもない。だが、フードを取れば結構サマになるのではないか?

Betabrand

価格は223.2ドル。男女兼用。国際便での配送もしてくれる。現在、開発元のBetabrandのサイト(英語)で注文を受け付けている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking