深刻な精神疾患を持つ女性は、がん検診を避ける傾向があると判明

Text by

  • 0
女性,悩み,困った

最近発表された米国イリノイ大学の研究調査によって、深刻な精神疾患を抱える女性には定期的ながん検診を受けない傾向があると分かった。

40才から74才までの女性約1300人以上を調査

この研究調査は、40才から74才までの女性約1300人以上を対象としたもの。イリノイ大の研究者は、対象者たちの過去2年間のがん検診受診率と、精神疾患の有無およびその程度を比較した。

その結果分かったことは次の3つ。

精神疾患にかかっていない女性と比較して、精神疾患を抱えている女性はパップテストの受診率が41%も低い。パップテストとは、子宮頸がんを発見するための細胞診のこと。子宮頸部の細胞を擦り採って行なう。

また、 精神疾患を抱えている女性は、マンモグラフィの受診率も38%低かった。

乳がんの視触診の受診率についても、精神疾患を抱えている女性の方が35%低いことが分かった。

自暴自棄な心理でがん検診を無視?

過去の研究から、精神疾患にかかっている人ほど「病院の外来・入院・救急サービスを頻繁に利用する傾向がある」ことが分かっている。だが、そのわりにがん検診の受診率が低いのはどういうわけか?

今回の調査研究を行なったイリノイ大の研究者は、同大学のサイトで以下のように述べている。

「ある種の精神疾患を持つ人は、自分の体のことを全く無視したり、異常があっても軽視することが多い。また、医師の中には精神疾患に偏見を持っている者もいて、そういう医師は患者に健康診断などを勧めない」

このような背景があるために精神疾患を持つ女性のがん検診率が下がっているのではないか、と研究者は考えている。

また、精神疾患がある人は重大な病気にかかる率が高いという過去のデータにも触れ、積極的にがん検診を受けるようにと勧めている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking