世界最長寿の電球。113年経った今も元気に輝き続けている

Text by

  • 25
centennialbulb.org

centennialbulb.org

たいていの電球は1年もすれば切れるものだ。ところが、米国カリフォルニアのリバモア消防署にあるこの電球は凄い。1901年から現在まで、113年間、切れずに光り続けている。

24時間点けっぱなしで113年

centennialbulb.org

「100年電球(Centennial Light-Bulb)」と名づけられたこの電球が、いつから光り始めたかは、実は正確には分かっていない。だが、歴史的な資料から推定して、1901年6月11日が「誕生日」であろうと考えられている。

それ以来この電球は、24時間、消防車の上で淡い光を放ち続けている。

これまでに電球が消されたのはたった2回。元々は別の消防署にあったこの電球が、さらに別の消防署に移された1976年の数時間。それと、その消防署から現在のリバモア消防署に移された2013年の数時間だけだ。

警察の護衛付きで輸送

1976年の移動の際は、電球に万一のことがないように、最新の注意が払われた。まず、ソケットから捻って外すということをせず、ソケットの根元の電線が切断され、ソケットごと別の消防署に取り付けられた。移動の際は、パトカーと消防車の護衛がついたとのことだ。

ハンドメイドの炭素フィラメント球

この「100年電球」は、手作りされた電球だ。現代の電球と違い、フィラメントに炭素が用いられている。寿命の短い炭素フィラメントが、なぜこれほど長い期間切れないでいるか? この疑問には、科学者もはっきり答えられないでいるらしい。

ただ、この電球の炭素フィラメントは、同時代に作られた電球より8倍太い。それが理由ではないかと考えられている。

ギネスブック認定

もちろん「100年電球」は最長寿の電球としてギネスブックに認定されている。有名になった今ではライブカメラが設置され、この電球のために作られたサイト内で、光り輝く様子が24時間放映されている。

centennialbulb.org

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking