AV男優しみけんが、海外メディアに男優業のツラさを告白

Text by

  • 16
DMM

DMM

アメリカのファッション雑誌「DETAILS」が彼の特集を組んだのをきっかけに、アメリカやオーストラリアのネットメディアが、日本のAV男優しみけんを取り上げている。

日本のポルノキングはスタミナ切れ

ある海外ニュースメディアによれば、「日本のポルノキング、しみけん、35才は、ベッドの上の過酷な仕事にスタミナ切れ」とのこと。

日本のAV業界に女優は1万人いるが、男優は70人しかいない。男優の数はベンガルタイガー(絶滅危惧種)より少ない——しみけんは海外メディアにこう語ったようだ。

AV業界では毎月4千本もの新作が作られているそうだが、それを考えると男優の数は圧倒的に少ない。こんな状況が男優に過酷な仕事を強いている、と彼は言う。

デビュー作でうんちを食べて入院

しみけんは、ファッション雑誌「DETAILS」のインタビューで、初めて出演したゲテモノAVでうんちを食べ、入院するハメになったことを告白した。

現在の彼は、週に21本もの撮影現場をこなす超売れっ子だ。本人の言によれば、これまでの20年近いキャリアの中で7,500人の女優とベッドインし、今は週の稼ぎが約180万円あり、高級車を数台持っているとのこと。

心身ともに擦り切れて

だがこんな彼の状況は、はたから見るほど幸せではないようだ。

仕事時間が不規則なので、住居を探す時にとても苦労する。離婚した妻、娘たちとは離れて暮らしている。本人がAV男優であることで、娘たちが恥ずかしい思いをするのが心配だ——などといった彼の苦労に海外メディアはフォーカスしている。

また、肉体的にも彼は「疲れて」いるとのこと。今のところバイアグラには頼らずやっているが、疲れた時にはアレの力不足を顕著に感じるそうだ。

欠かさないプロテインとワークアウト

スタミナ切れを防ぐために、彼はプロテイン摂取とワークアウトを欠かさない。厳格なハイプロテインダイエットに取り組み、男性ホルモン分泌を昂進する90分のワークアウトを、週に4日、欠かさずやっているという。また、精子の色を白くするために、プロテインの錠剤と亜鉛の錠剤も飲んでいるとのこと。

なぜAV男優が不足する?

Daily Newsによれば、日本のAVビデオ市場の規模は米国の2倍。それだけ大きな需要がある中、AV男優の数が少ないのはなぜか?

ひとつはAV男優の社会的地位が低く見られていること。もうひとつは、生身の女性には興味が持てない、いわゆる2次元男が増えたこと。この2つの理由が、「DETAILS」誌の特集記事の中に挙げられている。

同誌の取材の最後に、しみけんはこう言った。

「死ぬまで、僕は、これをやり続けているでしょう」

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking