背筋がゾッ!100年前に同じ場所で溺れた子が写っているのか?

Text by

  • 2
Toowoomba Ghost Chasers

Toowoomba Ghost Chasers

あるFacebookページに投稿された1枚の写真が、アングラ系の海外ニュースメディアを賑わしている。

それはいわゆる心霊写真なのだが、あまりにもはっきりと写っている。しかも、そこに霊が写る由縁もはっきりとしている。

池で水遊びする家族写真

その写真は「Toowoomba Ghost Chasers」というFacebookページに、キム・ダビソンという女性が投稿したもの。

Toowoomba Ghost Chasers

実際に撮影されたのは2014年で、場所はオーストラリア・クィーンズランド州の町ヘリドンにある池。この池はマーフィーズ・ホールと呼ばれ、地元では人気の水遊びスポットになっているらしい。

写真にっているジェシー・ルーさん(左、白いフレームのサングラスをかけている)によれば、「この時に池の中にいたのは大人2人と3人の子供だけ。写真は岸にいた別の大人が、携帯電話のカメラで撮った」とのこと。

しかし写真には、いないはずの4人目の子供(赤丸の中)が写っている。

下にあるのは、上の写真のコントラストを強めたもの。「Toowoomba Ghost Chasers」に投稿されたものだ。

Toowoomba Ghost Chasers


現在、2人のITスペシャリストが鑑定中

「この写真は、今、2人のITスペシャリストに頼んで、よく調べてもらっている最中」と前出のジェシーさんは言う。「考えてみればこの日、一番上の娘は、2回も水の中でトラブルがあった」そうだ。

100年前に13才の子が、この池で溺れている

この謎の子供は、100年前にこの同じ池で亡くなった13才の子の霊ではないかと考えられているようだ。

100年前、ドリーン・オサリバンという13才の子供が、このマーフィーズ・ホールで溺死しており、海外ニュースメディアはそのことを、オーストラリア国立図書館に保存された新聞で確認済み。また、その子の墓も実際にあると報じている。

National Library of Australia

ちなみに、100年前の新聞記事中には「その場所(マーフィーズ・ホール)は危険と考えられている」という一文が見える。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking