人間の便に金が含まれていることが判明!100万人分で約15億円相当との試算

Text by

  • 16
flickr/Bullion Vault

flickr/Bullion Vault

世界最大規模の学会である「米国化学学会」で、人間の便に金が含まれているという報告があった。研究者によれば、金の他にも、何種類もの貴金属が含まれているらしい。

100万人分で約15億円の価値に

「我々が見つけた金は、ほんの微量なものです」

アメリカ地質調査所のキャサリン・スミスは、米国化学学会の席でこう言った。彼女が率いる研究チームが化学処理した人間の便を分析したところ、プラチナや銀、そして金が見つかったとのことだ。

試算によれば、100万人の便に含まれる金属を集めると、ざっと1300万ドル(約15.5億円)分になるそう。

どうやってそれを取り出すかが問題

研究チームが金を取り出したのは、あくまでも調査研究が目的だ。その方法は複雑な手順を必要とし、その結果、顕微鏡でやっと確認できるほど微量な金しか取り出せない。

どうすれば大量の便から効率良く金を取り出せるか——それが今後の研究課題であるとのこと。

産業に有用な金属を探して

今回の調査研究はまだ途中段階だ。研究チームは、バナジウムや銅などを求めてさらに分析を進めていく予定。バナジウムや銅は、コンピュータや携帯電話機を作るのに欠かせない金属で、今、世界的に需要が高まっている。

今回の発見は、現在コロラド州のデンバーで開催中(3月22日〜26日)の第249回米国化学学会で発表された。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking